涌井秀章と阿部寿樹のトレードの理由は?楽天・中日メリットがあるのは!

涌井秀章と阿部寿樹のトレードの理由は?楽天・中日メリットがあるのは!

2022年11月15日、楽天・涌井秀章(わくい ひであき)投手と中日・阿部寿樹(あべ としき)内野手のトレードが発表。

野手を強化したい楽天と、先発投手の層を増したい中日の思惑が合致したことが理由でトレードが成立したと思われます。

これまでの実績・年齢・年俸などの違いはあり中日・楽天にとって良いトレードなのか?も気になりますね。

そこでこの記事では、楽天・涌井秀章投手と中日・阿部寿樹選手のトレードが成立した理由、両球団にメリットがあるのかなどを調査。

楽天 涌井秀章と 中日 阿部寿樹のトレードを発表!

2022年11月15日、楽天・涌井秀章(わくい ひであき)投手と中日・阿部寿樹(あべ としき)内野手のトレードが発表されて話題になっています。

楽天イーグルス・中日ドラゴンズどちらのファンにとっても実績のある選手同士の大きなトレードで驚いた方も多いようでSNSでも大きな話題となっています。

もちろん、トレードが実施されるのは両球団にとって「メリット」があるからですが涌井秀章投手も阿部寿樹内野手どちらもファンが多いので「嬉しい」と喜ぶ方もいれば「寂しい」と悲しい気持ちになる方もいると思います。

しかしプロ野球の世界ではトレードは仕方がないことなので、お2人が移籍先で大活躍することを期待したいですね。

涌井秀章と阿部寿樹のトレードの理由は?

そんな楽天・涌井秀章(わくい ひであき)投手と中日・阿部寿樹(あべ としき)内野手のトレードですが、今回のトレードの理由は何なのか?が気になります。

トレードの理由を報道で確認する限り、やはり楽天・中日両方の利害関係者が一致しているようです。

楽天の思惑野手を強化したい楽天イーグルス。

阿部寿樹内野手は様々なポジションをこなせる万能な選手で、一塁・二塁・三塁・ショート・外野と守ることができ、打者としても2022年シーズンは133試合に出場した言わば中日のレギュラーの選手。

そんな阿部寿樹選手が加入すれば、レギュラー争いも激しくなりチームにとっても良い影響がでますね。

中日の思惑先発投手を強化したい中日ドラゴンズ。

涌井秀章投手と言えば2005年に西武ライオンズにドラフト1位で入団し、2007年には17年で最多勝。2009年には沢村賞を獲得。その後ロッテ・楽天でも活躍し通算で154勝をあげているのは現役では2番目。

そんな安定感もある涌井秀章投手が加入すれば、先発投手の強化にもなるし後輩も学ぶことが多いですね。

上記のような理由からトレードが成立したと言われていますが両選手とも素晴らしい選手ということは間違いないですね。

きっと移籍先でも活躍されるでしょう。

涌井秀章と阿部寿樹のトレードの理由は?楽天・中日メリットがあるのは!

楽天・涌井秀章(わくい ひであき)投手。中日・阿部寿樹(あべ としき)内野手どちらも良い選手であることは間違いないのですが、それでも「どちらがメリットがあるのか?」ということは、どのトレードでも話題になりますね。

そこで、様々な部分を比較してみましょう。

涌井秀章投手・阿部寿樹 年齢の違いは?

年齢は涌井秀章投手が現在36歳。阿部寿樹が現在32歳なので、4歳の年齢差があります。選手生命を考えた場合は、やはり若い方が有利なので年齢のメリットは楽天に移籍する阿部寿樹選手に分がありそうですね。

涌井秀章投手・阿部寿樹 年俸の違いは?

プロ野球の実力のバロメーターといえば年俸ですが涌井秀章投手が2億2千万円(推定)。阿部寿樹が3600万円(推定)と言われています。特に涌井秀章投手は高額な年俸ですが過去の実績を考えると妥当だと思いますし広いナゴヤドームではさらなる飛躍が期待できますね。

一方、阿部寿樹選手は実力がありながらも怪我などで年俸はそこまで高くないので年俸で比較すれば阿部選手を獲得できた楽天イーグルスはお得かも知れませんね。

涌井秀章投手・阿部寿樹 ドラフト時の違いは?

プロ野球の世界に入ってしまえば関係ないかも知れませんが涌井秀章投手は高校時代も横浜高校で甲子園にも出場し活躍して西武ライオンズにドラフト1位で入団したスター選手。

一方で阿部寿樹選手は岩手県立一関第一高校では甲子園の出場経験はなく、明治大学そして社会人のHondaに所属し2015年にドラフト5位で中日に入団しました。

プロ野球入団時の評価としては中日に移籍の涌井秀章投手に分がある。といった感じでしょうか。

いずれにましても、投手と野手のトレードということもありますし、実際に移籍してからの活躍は誰にもわかりませんので、中日・楽天どちらにメリットがあるのか?は、今後の活躍で答えが出ます。

しかしながら、どちらも活躍して「両球団とも良かったね」というトレードになれば、どちらの球団にもファンにも最高のトレードになるので、とにかく2人の活躍を期待しましょう。

涌井秀章と阿部寿樹のトレードの理由は?楽天・中日メリットがあるのは!まとめ

2022年11月15日、楽天・涌井秀章(わくい ひであき)投手と中日・阿部寿樹(あべ としき)内野手のトレードが発表。

野手を強化したい楽天と、先発投手の層を増したい中日の思惑が合致したことが理由でトレードが成立したと思われます。

これまでの実績・年齢・年俸などの違いはありますが、今後の涌井秀章投手・阿部寿樹選手の活躍次第で、中日・楽天にとって大きなメリットとなりますので、2選手の新天地での活躍に期待しましょう。

それにしても、こうしたトレードは驚きますしワクワクするので楽しさ半分・寂しさ半分ですが、これもプロ野球の醍醐味なのかも知れませんね。