いす1グランプリのルールと参加方法は?いつ どこで開催されるのかを調査!

いす-1GP(イスワングランプリ)は、誰もが1度は利用したことがある事務椅子に座って指定のコースを走る新しいスポーツ!?

これまで14戦のイス1GPが開催され、優勝賞品はお米90キロと副賞が贈られる注目の大会です。

いす1グランプリとは? ルールは?

いす1グランプリは日本事務いすレース協会(JORA)が主催しています。

ルールはいたったシンプル。

2時間の間に事務いすを使い指定のコースを何周走れるか?という耐久レース。

2010年から始まり、これまで14回もの大会が開催されて様々なメディア、そして海外でも注目されています。

私はテレビで知ったのですが、最初の印象は事務イスで走ったら怒られるのが普通なのにレースにしちゃうなんて、ただのおもしろネタだと思ったのよね。

でも、よくよく考えてみると、とても良い取り組みだと思いました。

いす-1GPの開催には商店街に隣接する舗装された道路。という指定があって、必ず商店街の近くで開催されることになりますので、話題作りになって地域活性化にも繋がります。

また特別なスキルも必要なく誰でも参加でき、地元で開催されたら見に行きたくなっちゃう素敵なイベントですね。

いす1グランプリ(いす-1GP)はいつ どこで開催される?

そんないす1グランプリは、いつ どこで開催されるのか? 調べてみました。

公式ホームページを見る限り今現在、次の開催予定は決まっていないようです。
※この記事を書いた時点なので随時状況は変わる
参考 いす-1GP 公式サイトISU-1GP

これまではいす1GPが開催されたのは下記

  1.  岡山 水島
  2.  埼玉 羽生
  3.  岩手 奥州
  4. 秋田 湯沢
  5. 徳島 鳴門
  6. 北海道 千歳
  7. 北海道 釧路
  8. 福島 田村
  9. 山形 米沢
  10. 島根 出雲
  11. 茨木 結城
  12. 茨木 大洗
  13. 東京 品川
  14. 熊本 南関

今後、どこで開催されるか? わかりませんが、あなたの街で開催されるかも知れませんね。

いす1グランプリのエントリー方法は?

ついでに、いす1グランプリが開催される場合に備えてエントリー方法も確認しました。

参加する場合は、各大会の主催者にて募集することとなっているので、主催者の指定の条件に沿ってエントリーする必要があります。

例えば、2019年におこなわれた第12戦の茨木 大洗大会の募集要項は下記となっていました。

・参加費1チーム4500円

・年齢 高校生以上

・性別・国籍不問

・1チーム3名

・ヘルメット・手袋・膝パットは各チーム用意(必ず着用)

・代車1台を含めて2台まで持ち込み可

・最後まであきらめない暑い思いを持っていること。

各大会の主催者がポスターや専用のWebサイトを作りエントリーを募集しますので募集条項を確認してエントリーする。ということになります。

細かな参加条件や優勝賞品も主催者によって違いがありますので、詳細は募集されないとわからないですね。

コクヨもいす1グランプリに参加・サポートも!

いす-1GPについて調べていたら事務機器を販売するコクヨが応援していることを知りました。

コクヨと言えば数多くの事務いすを製造・販売する大手メーカー。

そんなコクヨもいす-1GPに参戦し、2019年に京都でおこなわれた世界大会でチームコクヨが優勝しています。

いす-1GPに参加したいけどイスがない高校生にはレンタルしてくれるし、主催者には副賞を提供のサポートもしてくれています。

いす-1レーシングチームのページも作っているので本気の支援ですね。
参考 コクヨいす-1レーシングコクヨいす-1レーシング

こうして企業・街(商店街)が一体となって盛りあげるいす-1GPは今後ドンドン広がっていくかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA