HiKOKI(ハイコーキ)掃除機 R12DAの口コミ・評判は?感想をレビュー

HiKOKI(ハイコーキ)掃除機 R12DAの口コミ・評判は?感想をレビュー

HiKOKI(ハイコーキ)掃除機 R12DAの口コミ・評判は?感想をレビュー

HiKOKI(ハイコーキ)から発売されているコードレスクリーナーR12DAは、とってもシンプルで軽いコードレスの掃除機です。

シンプルで軽量・コンパクト。値段も安く吸引力もある。そしてゴミ捨てもラクで本当におすすめなので、実際に使った感想、口コミをレビューします。

使ったこからこそわかるHiKOKI(ハイコーキ)掃除機 R12DAのメリット・デメリットもコードレスクリーナー選びの参考になれば嬉しいです。

HiKOKI(ハイコーキ)掃除機 R12DAが欲しくなったのは!

HiKOKI(ハイコーキ)から発売されているコードレスクリーナーR12DAは、とってもシンプルで軽いコードレスの掃除機です。

HiKOKI(ハイコーキ)は旧日立工機で主にプロ用の電動工具(ドリルやグラインダなど)などを扱うメーカーで人気があって、掃除機もシンプルで使いやすくファンも多いです。

HIKOKI(ハイコーキ)掃除機 R12DAが欲しくなったのは

私はこれまで自宅でも職場でもずっとコードがある掃除機を使っていました。

しかし「いちいちコードを引っ張り出して、掃除が終わったら巻き取るのが面倒だなぁ」と思うことが多かったです。

特に家の中は掃除の頻度が高いので掃除自体が億劫になります。ほかにも、使っている最中はコードにホコリや髪の毛がひっかかったり、階段を掃除する時に持ち上げた本体が重くて不安定で、色々と不便を感じていました。

そこで思い切ってコードレスクリーナーを買うことにしたのです。

コードレスということが最優先でしたが、せっかく買うのだから軽くてパワーもあるものを探すことにしました。

HiKOKI(ハイコーキ)掃除機 R12DAを選んだ決め手・評判は?

まずはコードレスということが大前提で商品を探しました。

加えて普段使いとして軽々持てる重量であるということと、十分な吸引力があることを条件で探しました。

コードレスの掃除機はたくさんあるので、もちろん他社メーカーのコードレスクリーナーと比較しましたが以下の点が「いいなぁ」と思いました。

  1. 充電時間(約60分)に対する稼働時間
    ※強:25分~弱:65分のパフォーマンスが良い
  2. 掃除機の操作がスイッチパネルで出来る
  3. 充電池の残量表示がある

さらに、購入の決め手になった特徴もいくつかあります。

  1. ダストケースにブレードがついていて、フィルタを清潔に保ちやすい
  2. フィルタが自宅で手洗い・自然乾燥できる
  3. 替えのフィルタをネットショップ等で入手しやすい

また、インターネットでの口コミ・評判を見ても「求めていた掃除機」「とにかく軽い」「今年1番の買い物」など、すごく評判も良かったので、HiKOKI(ハイコーキ)の R12DAにすることにしました。

HiKOKI(ハイコーキ)掃除機 R12DAを使った感想・口コミをレビュー

HiKOKI(ハイコーキ)掃除機 R12DAを使った感想・口コミをレビュー

実際に使ってみて「やっぱりこのコードレスクリーナーを選んで良かった!買って良かった!」と思いました。

コードが無いのでコンセントから遠いところ・狭いところ・高さのあるところの掃除が以前と比べて圧倒的にやりやすいです。苦痛に感じていたコードの出し入れも無くコードにゴミが絡むことも無く快適で階段もてすりを持ちながら安心して掃除ができています。

どん・ぐりみ

すごく使いやすくて良い感じ

使用感としては片手で持つためか想像よりかは重く感じましたが重過ぎるというわけではなく普段使いには全く問題ありません。商品ページに記載されていた重量は本体のみのものだったので、実際に使う時にはノズル等の重量が加わって余計に重く感じたのかもしれません。

サイズは想像していた通りで立ったまま使いやすい長さのうえ見た目がシンプルでとても気に入りました。コード有りの掃除機を使っていた時と比べてコンパクトなので収納しやすいです。私の場合、本体上部にストラップを利用し頑丈な場所にストラップをかけ、立てかけた状態で収納しています。

充電時間も約60分と短く手間に感じません。稼働時間は最大で65分間も使えるため掃除をしながら充電切れを心配することもありませんし充電池の残量表示があるので、残量25%以下あたりになったところで充電するようにしています。
サクッと充電できる

コードがある掃除機を使っていた時にも手元のスイッチパネルで操作していたこともあり、同じスイッチパネルタイプを選んでいたのも個人的には使いやすくて正解でした。

ダストケースに溜まったゴミは1日の掃除が終わるたびに捨てています。本製品の特徴の、ダストケースブレードが使いやすくドッサリとゴミが出てくるのは快感です。以前のコード有りの掃除機は紙パック式だったためゴミ捨ての頻度は低く、排気口からイヤ~なニオイがすることもありましたがゴミ捨て頻度が上がったことでニオイ問題も解決しました。

HiKOKI(ハイコーキ)掃除機 R12DAのメリットとデメリット

そんなHiKOKI(ハイコーキ)の掃除機R12DAですが、実際に使っているなかで私が感じたメリット・デメリットについても記載しておきます。

ハイコーキ コードレスクリーナーのメリット

1回の充電で最大65分動く!

「今日掃除しよう」と思ってから充電を始めても、60分でフル充電になるので他の家事をしている間に充電完了するので待ちくたびれません。
また1回の充電でパワー弱なら約65分(標準でも約43分)稼働できるので、途中で「普段やらないところもやろう」と思っても充電切れの心配なく思う存分掃除ができます。

充電タイミングもバッチリわかる

充電池の残量表示はかなり便利です。そのため毎回充電するのではなく「25%切ったから充電しておこう!」とタイミングがつかめます。使いすぎ・こまめに充電しすぎるといった充電池へのダメージを気にせず安心して充電できます。

ダストケースのブレードできれいサッパリ

ダストケース内部にブレードがついています。このブレードが、溜まったゴミを捨てる際に大活躍!ゴミ捨ての際に本体に付けたまま、ダストケースを何度かひねるとフィルターについたゴミをブレードが落としてくれます
ブレードが大活躍
集めたゴミをその都度スッキリ捨てられるので気持ちがいいですよ。

ハイコーキ コードレスクリーナーのデメリット

メーカー発表より少し重量はある

メーカー発表では1.2kg(電池装着時)と書いてあったのですが、それは重量は本体のみのものです。実際に使う時にはノズル等の重量が加わるため1.2kgよりは重く感じるかな?と思います。その分、吸引パワーは十分ですし気にするほど重くはなりませんが(^^ゞ

紙パック式と比べるとこまめなゴミ捨てが必要

コードレスクリーナーですので、ダストケースはそれほど大きくありません。私は一度の掃除で1階・階段・2階と回りますが全て終わったところでゴミを捨てます。以前はコード有りの紙パック式掃除機を使っていたのでその時と比べると頻繁に感じますが、毎回きれいになるのでこれはこれでいいかなと思っています。

フィルター掃除が時々必須

価格帯とその他のメリットを考慮してこのコードレスクリーナーを選んだため承知していることですが、定期的にフィルターを洗う必要があります。手洗いと自然乾燥の方式なので多少手間はかかりますが、きれいになるのが目で見てわかるため安心です。

デメリットは人によると思うので全ての人にあてはまるわけではありません。あくまで個人的に感じたことなので「参考程度」に!

HiKOKI(ハイコーキ)掃除機 R12DAおすすめな人は!

HIKOKI(ハイコーキ)掃除機 R12DAがどんな人が向いているのか考えてみました。

  • 吸引パワーと使いやすさを両立させたい人
  • 充電池のパフォーマンスを重視する人
  • 紙パック式のニオイから解放されたい人

とにかくコード有りの掃除機から脱出したい!と思って購入したところ、思いがけず紙パック式のイヤ~なニオイがなくなったこともうれしいことでした。個人的には60分充電で最大65分使える所もすごく気に入っています。

コードレスクリーナーは様々な選択肢があると思いますが、シンプル・軽量・安価で品質も良い工具メーカー(ハイコーキ)のコードレスクリーナーはかなりおすすめできます。

しばらく使ってみて

購入してからしばらく使っていますが、吸引力や充電にかかる時間や稼働時間など購入当初と変わっていません。

ダストケースは掃除をするごとに中のゴミを捨てていますが、やはりだんだんホコリや髪の毛などがブレードにからまってきています。そのため、気になった時には使い古しのハブラシなどでからまったゴミを落としています。フィルタも使えば使うほどホコリが付くので定期的な手洗い・自然乾燥が必要になります。

しかしやはり以前はコード有りの掃除機で困っていたのでコードレスは快適です。掃除の時間も楽しみになりました。

HiKOKI(ハイコーキ)掃除機 R12DAの口コミ・評判は?感想をレビューまとめ

HiKOKI(ハイコーキ)から発売されているコードレスクリーナーR12DAは、とってもシンプルで軽いコードレスの掃除機です。

シンプルで軽量・コンパクト。値段も安く吸引力もある。ゴミ捨てもラクなのが本当に良いです。

個人的に私は以下の点が気に入っています。

HiKOKI(ハイコーキ)掃除機 R12DAメリット

  • 1回の充電で65分も動く
  • 充電池の残量がわかり充電のタイミングを知れる
  • ダストケースのブレードでフィルターもきれいに保てる

HiKOKI(ハイコーキ)掃除機 R12DAデメリット

  • メーカー発表より少し重さはある
  • 紙パック式よりゴミ捨て回数は多くなる
  • フィルターの掃除は時々必要

コードレスクリーナーは様々なメーカーから発売されているので「どのように決めるのか?」はあなた次第ですが、シンプルで吸引力も十分あるHiKOKI(ハイコーキ)の掃除機 R12DAが気になっている人の参考になれば嬉しいです。

あわせて読みたい記事

最新トルネオVコードレスの口コミは? スティック型を使ってみた!トルネオVコードレスのVC-CLX40の口コミレビュー! VC-CLX50との違いも比較! 東芝 コードレスクリーナーVC-CLX50と30の違い!おすすめはどっち?東芝 コードレスクリーナーVC-CLX50と30の違いを比較!おすすめはどっち?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA